Happiness Bridal Beauty

幸せにのスタートに似合うような最高のブライダルにするためのエステを受けませんか?

TOP > 結婚式引き出物 > 贈った人に喜ばれる引き出物

贈った人に喜ばれる引き出物

結婚式などに出席すると必ずと言っていいほどもらう引き出物ですが、種類も多く、食器や食べ物、タオルやブランドものなど、多様になっています。

もらって嬉しいものであれば良いのですが、必ずしも自分が欲しかった物、好みのものと限りませんし、帰り道の荷物になってしまうこともあります。それを踏まえて、近年人気なのが、カタログギフトです。

事前に大きさや形を選んだり、重さも確認できるため、遠くから来るゲストへ引き出物の配慮もばっちりです。また、ネットでもカタログ商品の閲覧ができるので、多種多様な中からゲスト自身に選んでもらうことが可能です。

地域別で結婚式の引き出物事情を知る

結婚式を控えている人は特に、引き出物について考えることが多いでしょう。自分たちの出身地の風習を取り入るとなると、いろいろ難しい面が出てくることがあります。

特に、会員制が主流の北海道では引き出物の金額も個数も、比較的低額の設定ですが、東海では名古屋や北陸の福井などでは、引き菓子や縁起物などを組み合わせて5種類、相場も7,000円以上と高めの設定になることが多いようで、かなりの差が出てきます。

新郎新婦のこだわりがあるのなら事前に説得する、どちらかの家の伝統に合わせる、それぞれの家で別に用意する、などの柔軟な対応が必要な場合もあることを覚えておきましょう。

さまざまな引き出物と選び方

引き出物でいただく品物には実にさまざまなものがあります。もらったら嬉しいものや、正直いらないと思うものなど、人によって感想もバラバラです。結婚式場から自宅までの移動を考えると、重さがあり割れる可能性のある派手な食器や置物などは、敬遠されることが多いようです。

また、見た目や触り心地などで金額がわかってしまうようなものも、ご祝儀を包んでいる側からすると、がっかりする原因にもなります。万人受けする引き出物を用意するのは無理といえますが、普段は自分では手にしないけれども実用性のある品物や、渡す年齢や家族構成に配慮する、感謝をこめることをポイントに選んでみるのも良いでしょう。

現代にあう引き出物に最適な商品を考える

結婚式など、祝い事で出席した客に渡される引き出物ですが、一昔前は新郎新婦の名前や写真入りの引き出物もありました。しかし、手軽に物が入る現代では、贈り物ひとつとっても何を選べばいいのか頭を抱えている人も多いのではないでしょうか。

近年、招待客が商品を自由に選択できるカタログギフトが主流となっています。ゲスト本人に好きなものを選んでもらえるので、趣味や年代がバラバラでも大丈夫ですし、当日持ち帰る際にも荷物にならないといった点がうけています。

そのほか、日持ちしやすい焼き菓子やゲストの名前を入れたアイテムを贈る人も多いです。

引き出物の由来と歴史

引き出物は、日本人らしい文化のひとつです。私たちに馴染みのあるのは、結婚式でもらうお土産のことでしょう。

この引き出物の由来ですが、古くは平安時代から始まったそうです。貴族がひらく宴のお土産で、中身はなんと馬だったそうです。昔はスケールが違いましたね。現在では、頂いたお祝いに対してのお返し、お礼としてのひとつの表現として用意されます。

結婚式のお土産で、自宅で家族が楽しみにしていることもあるでしょう。贈る相手の事を考え、男女や年代等によって品物を変えたり、また手荷物が増えないようにと、自宅へ配送することもあるようです。

結婚式の引き出物関連

メニュー

TOP ブライダルエステ 結婚式場のタイプについて ウエディング京都 チャペルにこだわるウエディング 結婚式で人気の引き出物 贈った人に喜ばれる引き出物

結婚式場、ウエディングドレス、結婚式の引き出物の情報を掲載しております。今後も大阪や京都といった場所の結婚式場、ウエディングドレス、結婚式の引き出物の情報を増やしていきます。

結婚式場、ウエディングドレス、引き出物以外の情報のお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る